NEWS 新着情報-記事詳細

第29節:TSV Mommenheim 4-2◯2017/05/16

前節、少ないタッチ数で相手ゴール前まで運び、圧倒的に試合は支配したものの、それをゴールに結びつけるという点で課題が残ったバサラマインツ。
今節は、現在2位のチームを相手に、その課題をどう克服していくかが鍵になる一戦となりました。
9部リーグでは珍しい天然芝のピッチ、そして試合前に降った雨で、素早くパスを回すには絶好のコンディションとなり、開始直後から、バサラマインツはボールを支配します。この試合も、三崎、高橋、藤浦らを中心に、少ないタッチ数で相手をいなし、ゴール前へとボールを運んでいきます。
前半20分、ゴール前で若干ルーズになったボールに、三崎クリストファーが素早く反応、大柄な相手をものともせずに先にボールに触ると、そのまま強引にDFを振り切り、右足を振り抜きます。これがゴールに突き刺さり、バサラマインツが先制に成功します。
その直後、前半23分には、ゴール前で得たフリーキックから、こぼれ球を、これに素早く反応したミラーが押し込み追加点を挙げます。
前半35分、ロングボールに抜け出した相手選手を、GKフォゲネダーが倒してしまいPKを与えてしまいます。フォゲネダーもこのPKに反応しますがあと一歩届かず1点差とされてしまいます。
それでも前半終了間際に、中盤でボールを受けた高橋がそのまま自らボールを運び、遠目の位置から豪快なミドルシュートを突き刺して、リードを2点として前半を折り返します。
後半に入ってもバサラマインツのボールを持つ時間は続きますが、乾いてきた芝の影響もあってか、簡単なパスミスが目立ち始めます。
後半18分に藤浦のスルーパスからゲクが4点目を決めますが、徐々に相手がゴール前まで攻めてくるシーンが増え始めます。後半35分に相手に2点目を許したものの、その後はなんとかしのいで4-2と勝利を収めたバサラマインツ。
次節はついに今シーズン最終戦となりました。この一年の集大成としてふさわしい試合にできるように最後の一週間しっかりと準備して臨みたいと思います。
最終戦はホームでの試合、さらにAbemaTVでの生配信もありますので、応援宜しくお願い致します!
Score2
-VAIO株式会社ご提供のVAIO®PCよりアップ-

NEWS一覧へ戻る