NEWSNEWS記事詳細

トップチーム Landesliga第18節 vs Ludwigschafener SC 試合後監督、選手コメント2018/12/10

試合後監督、選手コメント

山下 喬監督

Q,試合終了直前の2得点で3試合振りの勝利となりました。得点時の気持ちを聞かせてください。
A,ここ3試合で1点しか取れていなかったですし、チャンスがあっても決めきれないということが多かったので、やっと取ってくれたなという気持ちでした。
ただ、今日もチームとしてチャンスを決めきれないという弱さが出てしまった部分があったので、スッキリしない気持ちもあります。
そして今日のゴールについて言うと、1点目はDi Dio Parlapoco選手のゴール、2点目は井上選手が起点となったゴールで、両得点とも交代選手の働きがありました。
交代選手がしっかり準備できていたので良かったと思います。

Q,首位で今年の試合を終えました。今年の戦いを振り返ってください。
A,まず、選手や応援して下さる方々を含め、7部リーグでこんなに上手くいくとは想像していなかったのではないかと思います。
7部は未知の世界で、強い相手に対してみんなでギリギリの戦いをしていました。それが数試合を終えて上位にいたことで、
自分たちでも気づかないうちに驕りが生じてしまったというか、少しずつ無意識に100%の力を出せなくなっていました。
そしてここ3試合を勝てなかったことによって反省し、一旦初心に立ち戻ることができたと思います。自分たちは強いからではなく、常に100%を出せたから上位にいました。
自分たちや相手の順位関係なしに、目の前の試合で頑張ることが大切だと再確認できた今年の戦いでした。

Itejshorst選手

Q,前期シーズン、守備陣は素晴らしい働きぶりだった思います。それについてどう思われますか?
A,経験豊富な守備陣が多く在籍していて、また素晴らしいゴールキーパーもいますが、彼らだけでなくチームとして守備できていることが今の結果に表れていると思います。
しかしここ数試合はシーズンスタート直後に比べて良くありませんでした。なぜなら当初私たちはよりアグレッシブにボールを奪いに行っていたからです。
後期シーズンに向けてその点については考える必要があると思います。

Q,前期シーズン全体を振り返ってみてどうですか?
A、素晴らしいかったと思います。私たちが新しいリーグでこういった成績を収めることが出来るとは誰も想像していなかったと思います。
しかし私たちはもっと良くなる必要があると思います。そのためにも後期シーズン前の準備期間から100パーセントで練習や試合に取り組む必要がありますし、
個人としてもチームとしても自信を深める必要があると思います。私たちが再びシーズンスタート時のようにプレーすることが出来れば、
このリーグで素晴らしいチームの一つになることが出来ると思います。後期シーズン、相手チームはより私たちのことを研究してくると思うので、難しい試合が増えると
思いますが、より努力する必要があると思います。

Bröker選手

Q,今日のゴールを振り返ってください。
A,もちろん嬉しかったですが、大事なことは誰が決めたかよりも最後に相手よりも1点でも多く点を取ることだと思っています。

Q,前期シーズンを振り返ってどうですか?
A,正直言ってとても大変でした。半分が終わって私たちが上位にいることはおそらく誰も想像していなかったと思います。
後期シーズンはすでにいくつかの試合を消費していますが、相手チームはより自分たちのことを研究してくると思いますし、
シーズンスタート当初と違いしっかりと評価されたうえでの試合になると思うので難しい試合が増えると思いますが、いい結果が残せるようしっかりと
準備していきたいです。

NEWS一覧へ戻る