NEWSNEWS記事詳細

トップチーム Landesliga第17節 vs SV 1950 Büchelberg 試合後監督、選手コメント2018/12/03

試合後監督、選手コメント

山下喬監督
Q.前半はいい形で試合を進めていましたが、後半は失速したように見えました。何か原因はありますか?
A.前半からボールを保持していましたが、チャンスを作り出す回数は少なく、数少ないチャンスも決めきれませんでした。そういう流れの中で、後半相手の時間帯が出てきても何も不思議ではなかったし、サッカーの試合とはそういうものかなと思います。

Q.次節は今年最後のゲームとなります。意気込みをお願いします。
A.我々はいつも通りのプレーをするだけです。目の前の試合に集中し、勝ち点3を取るためにチームでやれることをやりたいと思います。

福原選手

Q, 積極的に仕掛けたり、ミドルシュートを狙っていく姿勢が印象でした。今日のプレーを振り返ってください。
A, 今日は自分の中で試合開始から積極的に仕掛けたり、攻撃のリズムを作ろうと意識して試合に入りました。ボールを持った時のプレーは悪くはなかったですが、点を取るというところに関しては何も出来なかったです。もっと自分がゴールに向かう回数を増やしていれば、チームとしても点は決まったと思います。そこは自分が一番反省して、こだわっていかなければならないと思いました。

Q, 次節は年内最終戦です。意気込みを教えてください。
A, 次節の試合はチームとしてどんな形でもいいから勝ちたいです。最近の試合は勝てていないし、点も取れていない。これは自分の責任でもあると感じています。次の試合は自分も点を取って勝ってチームとしても良い形で年内最終戦を終えたいです。

Sengül選手
Q.自身のゴールを振り返ってください。
A.あのゴールは大橋選手と福原選手が良いプレーをしてくれたから生まれたゴールです。私はゴールに押し込むだけでした。得点が取れて嬉しく思います。

Q.スコアは1-1でした。全体を振り返っていかがですか?
A.前半はチームとしても悪くなかったと思います。私も2点目のゴールを狙っていましたが、後半は上手くいきませんでした。守備面は、もっと球際を激しく当たる必要があります。攻撃面は、より多くのアイデアを出して積極的に攻撃をしなければいけません。

NEWS一覧へ戻る