NEWSNEWS記事詳細

トップチーム 試合後コメント2018/10/15

監督、選手試合後コメント
山下喬監督
Q,  前半開始から守備の面で安定しなかった印象ですが、いかがでしたか?
A,  相手が3バックの脇のスペースを狙ってロングボールを多用して来たのに対して、DF陣が上手く対応出来ていなかったと思います。DFラインが微妙に高かったことも、裏のスペースを使われる原因になっていたかもしれません。

Q, 後半はチームとして勢いがないように見えました。後半の印象を聞かせてください。
A, 後半は全力で点を取りに行くという気持ちが足りなかったと思います。ただ、そんな中でもチャンスはあったわけですから、決定力不足が露呈した部分があったと思います。

奥田選手

Q、同点弾は奥田選手の今シーズン初ゴールでした。得点シーンを振り返ってください。
A, キックオフ直後し失点し、チームが全体的にバタバタしていた中での同点ゴールだったので、大事なゴールだったと思います。コーナーキックのこぼれ球でしたが、ペナルティエリアの中で落ち着いてシュートできました。

Q, 後半は試合が動きませんでしたが、その原因をどのように考えますか?
A, 前半は相手のロングボールを多用する攻撃に苦しみましたが、後半は相手の戦術にも慣れ、うまく対応できたと思います。ハーフタイムに修正して守備は安定しましたが、前半の失点で何人かの選手は腰が引けてしまい、前に行くことを躊躇してしまったのかなと思います。11人が「勝ちに行く」という気持ちで戦えていたら点が取れていたかもしれません。

Pohlenz選手

Q, 二つの失点シーンを振り返ってください。
A, 一つ目の失点は自分たちのミスによるものでした。やるべきことをやれずに相手にボールを渡してしまいました。相手のクロスは完璧で、ヘディングシュートもポストギリギリのコースだったので、止めることは難しかったと思います。
二つ目の失点は少し運がなかったかなと思います。守備陣は途中から安定した連携を見せ、一人がカバーのポジションに入るということも出来ていました。
ただ相手のシュートがかなり良く、スピードのあるボールがポスト横ギリギリに飛んできました。全力を尽くしましたが、止めることが出来ませんでした。

Q, 後半は無失点でした。前半と比べて何が変わりましたか?
A, うまくコミュニケーションを取りながら守ることができました。特にItjeshorst選手が素晴らしかった思います。後ろからリーダーシップを取り、カバーリングも完璧でした。二回ほど危ないシーンもありましたが、彼が体を張ってクリアしてくれました。彼のパフォーマンスはチームに良い影響を与えたと思います。

NEWS一覧へ戻る