NEWSNEWS記事詳細

トップチーム 試合後 コメント2018/09/10

〈試合後 コメント〉

山下 喬監督 コメント

Q.2-0という結果でしたが、試合を振り返った感想は?

A.前半から内容的には良かったです。しかし、前半にゴールに結び付くプレーが出来ませんでした。ハーフタイムのミーティングでは、良いサッカーをしたチームが勝つわけではない。点は入っていないが、このサッカーをやり続けようと伝えました。後半も引き続き全員がいいプレーをしてくれました。我慢する時間も長く、途中で相手選手が退場したこともあり、やりたいサッカーは出来ていました。普段から観に来てくれている人たちを興奮させるようなサッカーをしたいと考えています。そういう意味では、良かったかと思います。今回の相手は4部の選手も何人もいた中での勝利でしたし、選手には自信をもってほしいです。結果を出したのは途中交代で入った2人で、チームとしても良い雰囲気が作れていると思います。一人が活躍して勝つのではなく、チーム全員で勝利を掴むというを意識を持って今後も戦っていきたいです。

 

Q.これからもリーグは続きますが、抱負は?

A.来週はカップ戦が無くリーグ戦だけなので、その試合に練習からしっかり集中したいです。今回、良い試合をしたからこそ中弛みをしたくないです。自信と過信を履き違えないように選手達にも伝え、厳しく求めていきたいです。

 

 

曽根選手 コメント

Q.後半0-0の状態での出場でしたが、どんな心境でしたか?

A.試合展開は良い流れが続いていましたが、チャンスを決めきれていませんでした。そんな中の出場だったので、絶対に点に絡んでやろうという気持ちで入りました。

 

Q.ゴールを決めた時の気持ちは?

A.バサラマインツに入団して初ゴールでした。もっと上を目指したいので、そのきっかけになればと思います。

 

Q.次の試合の抱負は?

A.内容も良かったので、チームとして継続していきたいです。チームも個人も次の試合に向けてしっかり良い準備をしたいです。

 

 

コスタディノフ選手 コメント

Q.前節2失点。今節は無失点で終えることが出来ました。どのような点に変化がありましたか?

A.前節は前半に良い守備が出来ていたと思います。しかし後半になってチーム全体が引いて守備をしてしまったので、相手からプレッシャーをかけられやすくなりました。また、ペナルティーエリア内に侵入され、ファールで2度のPKを作ってしまいました。対して今節は90分通してチーム全体で組織的な守備が出来ていたので、相手をゴールから遠ざけることが出来ていました。

 

Q.試合全体を振り返ってどうでしたか?

A.自分たちが求められた戦術やゲームプランを完璧に実行することが出来たと思います。今の状況に満足することなく、さらに自分達の良いプレーを追求していきたいと思います。

 

NEWS一覧へ戻る